昭和の生まれ、大阪と香川の成分が混じった東京育ち。会社員を10年ほどやってから翻訳者として独立。

何でも屋さんの実務翻訳と、最近はミステリ書籍の翻訳が続いています。

そろそろまたノンフィクションを訳してみたいかも。

ブログは、てっぺんにある「日常という名のひきこもり」というちっちぇー文字をクリックしてください。

訳書リスト

随時追加していきます。